【三行日記】こども同士だからこそ

移動写真館の仲村渠(ナカンダカリ)です。


先日、児童館で遊んだことのあるうちの子と同い年(2歳)の子を撮らせてもらいました。

その子がストライダーを持ってきていましたが、怖がってまだ一度も跨れたことすらないそう。

しかしうちの子は、貸してもらうやいなや、さっと跨ってどんどん走っていきました。

その様子をみて触発されたのか、その子もチャレンジし、乗れるようになりました。


こういったことは、子ども同士だから起こることで、親が促そうとしてもなかなかうまくいきません。


今回は、たまたまうちの子が目に見える形で影響を与えましたが、躊躇なく乗ることができたのも、その子の目があったからかもしれません。実際、託児所に預けてるときは、負けず嫌いなようでほかの子に負けじといろいろやってたみたいです。


子どもは子どもの中でもまれるのが大事だなと改めて思いました。


いまうちの子は保育園にも通わせられてないので、早めに決めたいですが、いかんせん空きがない…。





閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

このアホみたいな写真と昨日の写真を載せて暑中見舞いを送りました お世話なったうえ困惑させたみなさま申し訳ございません #たのしいよ

夏のはじめに撮った暑中見舞いの写真を夏の終わりにアップします もはや残暑見舞いですね 写真を見ていつも思いますが、うちの家族はみんなきれいな顔で笑うので、たぶん自分もまだ大丈夫かなって思います なんだかんだなるべくピュアなまま死にたいです 今年の夏もものすごい気温で、自転車を漕ぎながら、野球に全力で打ち込んでいた夏を思い出しました あの頃は毎日筋トレルームに集まり、あらびき団の反省会やモンスターの