​映画づくり

誰でも映画が撮れる時代になった今、映画の裾野を広げ、表現としてさらに発展していくには、映画が「もっと小さく、個人的なものになっていくべき」と考え、その理念のもと私たちは映画を撮っています。

profile.jpg

1990年生まれ。沖縄で生まれ育ち、進学で熊本へきました。その後、県内の制作チームにて年間3~6本の長編映画を制作し、毎年大量に撮影・編集をしています。

 

​受賞歴
SYDNEY INDIE FILM FESTIVAL - BEST EXPERIMENTAL

Cuckoo International Film Awards - BEST EXPERIMENTAL

Aiyan Film Awards - BEST EXPERIMENTAL

Tokyo CINEMASTERS International Film Festival- Selection

SINGAPORE INTERNATIONAL SHORT FILM FESTIVAL - Selection

First-Time Filmmaker Sessions By Lift-Off Global Network - Selection

​『たまるか』撮影完了

先週、やっと撮影が終わりました。

​集合前にクルーが事故にあったり、キャストが行方不明になったり…胃が痛くなるくらい色々ありましたが、なんとか怪我無く無事に撮り終えました。これから編集し、夏頃に上映予定です。

SDIM0547.jpg

​『たまるか』稽古

各々稽古するみんな。

​アクションも煮詰まってきて、画面映えもするかっこいいアクションになってきました。今気づきましたが、まだショットリストをつくっていない。

DSC05624.jpg

『たまるか』稽古開始

主要キャストの稽古が始まりました。少しだけ経験のある子もいますが、ほとんどみんな同じところからのスタート。最初の稽古からどこまで成長できるか。大傑作にします。写真は、いまの自分たちなりにキャラクターや関係を表現してみて撮った一枚。最終稽古は全員揃うので、どう変わるか、成果として撮るのが楽しみ。

DSC04705.jpg

『たまるか』オーディションでした

猛烈にオーディションでした。今回は急な募集にも関わらず対応してくださった『バレンタインデュウ』さんと、『ワールド極真会館 熊本支部』から大勢エントリーしていただき、総数は30名ほどになり大盛況でした。みんな一生懸命でいいキャラクターなので、どうにかセリフをつくります。

DSC04469.jpg

新プロジェクト『たまるか』

熊本市にある花園公民館との企画で、アクション映画を撮ることになりました。今週オーディションが終わり、プロジェクトが本格スタートします。

​ストーリーは、SF小説の金字塔『渚にて』と『ベスト・キッド』を組み合わせたようなものになります。お楽しみに。

画像クリックで​市のHPに飛びます

DSC00197.jpg

Tokyo CINEMASTERS IFFで公式セレクション入り

10月に完成した『埋める(英題:Burial)』を、どんどん映画祭にエントリーさせています。小さめだったり開催年数が若い映画祭の結果しか出ていませんが、複数の映画祭での結果が出ています。今日までで

Aiyan Film Awards - Best Producer, Best Experimental Short Film, Best Editor )

・Cuckoo International Film Awards - Best Experimental Short Film

・SYDNEY INDIE FILM FESTIVAL - Selected

First-Time Filmmaker Sessions By Lift-Off Global Network - Selected

・Tokyo CINEMASTERS International Film Festival - Selected

という結果がでました。

正直、「思ったより獲ってるな」という感想です。一つくらい賞金のでるところでグランプリを持ってきてくれることを期待しておきます。

埋める(16_9)_月桂樹.jpg